新劇場版『頭文字D』に出てくる車が欲しい!-AE86編ー

『頭文字D』とは?

『頭文字D』とは〔しげの秀一〕原作で北関東を舞台に峠最速を目指す”走り屋”の若者たちのドラマを描いた漫画作品で週刊ヤングマガジンにて1995年から2013年まで全719話掲載されています。

この作品の魅力は見る人により様々ですが当時、誰もが憧れるスポーツカーが多数登場し主人公が乗る非力な車【AE86】がより性能の高い車とのバトルで連戦連勝していくところではないかなと勝手に思っています♪

新劇場版『頭文字D』-覚醒- -闘走- -夢現-

漫画で見ていた私ですが、やはり【アニメ】で映像作品としての『頭文字D』の方が見ていてスピード感や迫力が伝わりより一層楽しめるのではないかと思います。

アニメシリーズは1998年からスタートしラストの『FinalStage』が2014年まで放送されています。

間でスピンオフ作品や劇場版も製作されていて2014年に新劇場版-覚醒-が、2015年には-闘走-、2016年-夢現-が公開されました。

映像、音楽、声優さんも変わっていて全く新しい『頭文字D』が楽しめます。

 

豆腐屋のハチロク

作中の主人公〔藤原拓海〕が乗るのがTOYOTA スプリンタートレノ(AE86)。

AE86とは通称”ハチロク”と呼ばれる1983年にトヨタが発売した車で【カローラレビン】【スプリンタートレノ】に共通する車両型式番号のことです。

自然吸気(NA)の1.6Lエンジン(4A-GEU)で駆動方式は後輪駆動(FR)。

サスペンションやエンジンはカスタマイズが容易だったのも人気の理由とも言えるでしょう。

『頭文字D』の中で出てくる『ハチロク』は4台で内3台は『トレノ』元々ハチロクはレビンの方が人気だったがこの『頭文字D』の影響で爆発的に人気となり今でもプレミアがつくほど!

ちなみに作中でも出てきますがグレード違いの『AE85(通称:ハチゴー)』と呼ばれる車も存在していて『3A-U型1.5L SOHC』エンジンを搭載。見た目ではさほど変わらないが、1500ccの排気で83PSとかなり非力でスポーツ走行には向かない仕様となっている。


新劇場版『頭文字D』に出てくる車が欲しい!-シルビアS13、180SX、シルエイティ編ー
頭文字Dに出てくる車で代表的な日産車は『R32』『S13』『180SX』『シルエイティ』などですが、今回見ていくのはミドルクラスのFR車である『S13』『180SX』『シルエイティ』。

 

コメント